NEWS

新着情報

カフェインの本当の効果

カフェインの本当の効果

コーヒーといえばカフェインですが、よく耳にする興奮作用、記憶力との関係など実際のところどうなのか気になっている方も多いかとおもいます。

そこで今回はその実際はどうなの?という内容について確認していきたいと思います。

 

カフェインと興奮作用

 

ヒトの脳とカフェインの関係については、近代科学によって、次のように解き明かされています。

起きているとき、脳の神経は興奮しています。神経が興奮すると、アデノシンが分泌されます。神経システムでは、受容体を通じて、アデノシンのレベルを監視しており、脳や脊髄で、アデノシンが一定レベルに達すると、眠気を促すという仕組みになっているとか。ちなみに、ヒトには、A1、A2A、A2B、A3の4種類のアデノシン受容体がありますが、中でも、カフェインと直接結びつくと考えられているのが、A1受容体です。

カフェインに似た化学物質は、体内にもありますが、8オンス(約226.8g)のストロングコーヒー(通常100mgのカフェインが含まれている)を摂ったときなど、大量のカフェインを摂取すると、カフェインは「『ニセ』アデノシン」のような作用を持つとか。アデノシン受容体は、カフェインがアデノシンと似ていることから、これと結びついてしまうそうです。

さらに重要なポイントは、受容体とくっつくことで、カフェインがこの働きを活発にさせないという点です。受容体がブロックされると、ドーパミンやグルタミン酸といった、脳の興奮性神経伝達物質が自由に動けるようになります。つまり、カフェインは、脳に直接「アクセル」をかけているのではなく、「ブレーキ」が効かないようにして、これらの神経伝達物質をサポートしているだけなのです。よって、連日の徹夜勉強の疲れを、一掃することはできませんが、朝の眠気を引きずらないようにはできる、というわけです。

 

カフェインのパワーアップ効果

 

カフェインは生産量を高めることがありますが、これは仕事のタイプによります。比較的わかりやすく、抽象的な思考が必要ない仕事をする場合は、コーヒーが量と質を高めることはあります。また、テスト対策に答えを丸暗記するときのように、叙述的な記憶であれば、カフェインは記憶力アップにつながるそうです。

テキストの校正と、カフェインとの関係を調べたある研究では、直情的なタイプの人、もしくは正確性や質よりも、スピードを優先する人において、上昇が認められたとか。また、この効果は、朝のテストでしか見受けられなかったそう。ただ、この理由は、カフェインによるものなのかもしれませんし、一日の中で朝がこの手のタスクをやりやすい時間帯、というだけかもしれません。

仕事にカフェインの効果を求めるならば、パワーではなく、スピードに期待しできます。もしくは、カフェインは謎のものと捉えたほうがよさそうです。すでに触れたとおり、どの成分やプロセスが、いつどのように私たちに作用するか、よくわからないからです。

カフェインが脳にどう作用するか? を脳モニターで映した例としては、毎日2~3杯分のコーヒーを飲んでいる、女性リポーターの脳で「ビフォーアフター」を検証。コーヒーを飲む前は「ちょっと頭が痛い」と訴え、時折ウトウトしがちだった彼女が、コーヒーを飲むと、ノーマルな調子に戻ったことが脳の様子からも明らかになっています。

 

カフェインの効果・耐性・頭痛

 

カフェインの効果はヒトによって異なりますが、平均的には、体内で5~6時間経過すると、効果が薄れてきます。ただし、経口避妊を服用している女性は、カフェインの加工が2倍長くなり、効果が持続します。女性の排卵から、月経開始までの間も同様です。一方、喫煙者は、通常の半分の時間で効果が薄れます。喫煙者がより多くコーヒーを摂取するのは、これが理由なのかもしれません。

カフェインを定期的に摂るようになると、カフェインへの耐性ができます。ゆえに、同じ効果を得るには、徐々に多くのカフェインが必要になるわけです。厳密にどれぐらいの期間で耐性ができるのかは、明らかになっていませんが、脳は、制御を向上させたり、より多くのアデノシン受容体を生成することで、カフェインからの「攻撃」があっても、ノーマルな機能を回復できるように働き始めます。

カフェインの定期的な摂取により、アデノシンと似た神経伝達物質ノルエピネフリンのための受容体が減少する一方、GABAの受容体が65%増加することも、わかっています。また、いくつかの研究では、カフェインを定期的に摂ると、アデノシン受容体に変化が見られたそうです。厳密には、カフェインがこれらの変化の直接的な原因とはいえません。むしろ、カフェインが「疲れた」という脳のセンサーを、正常に働かせないようにしているゆえ、脳がこの機能を正常化させるために変化していると考えられます。

1995年のある研究結果では、カフェインを毎日摂りはじめると、だいたい1週間から12日程度で耐性ができると指摘しています。また、耐性は極めて強いものです。定期的にカフェインを摂っている人を対象とする実験で、一方のグループに900mgのカフェインを摂らせ、もう一方には偽のものを摂らせたところ、18日間、気分、エネルギー、注意力がほぼ一致していたそうです。

12~24時間経過すると、カフェインの禁断症状を感じ始めます。朝、コーヒーを飲むのは、これが大きな理由でしょう。脳が、カフェインのある状態で働くことに慣れているので、カフェインがなくなっても、すでに変化した受容体の働きは、これまでと同様です。頭痛は「カフェイン切れ」の全般的な作用ですが、気分の落ち込み、疲労、倦怠感、イライラ、吐き気なども、この作用のひとつと見られています。通常、10日間で、この症状はなくなるそうです。

 

 

BONGENCOFFEE

SHIRAFUSHICOFFEEROASTERS

東京都中央区銀座2-16-3

03-6264-3988

support@ginza-bongen.jp

https://ginza-bongen.jp/

https://shirafushicoffee.jp

https://bongen-shirafushi-coffee.com

平日・土日祝日

10:00〜19:00

銀座駅 8分

東銀座駅 4分

築地駅 6分

コーヒーの種類、焙煎度で変わるカフェイン量

コーヒーの種類、焙煎度で変わるカフェイン量

コーヒーといえば、「カフェイン」を思い浮かべる人が多いのではないでしょうか。

いつも飲むコーヒーにどのくらいのカフェインが入っているのか、浅煎りと深煎りではカフェイン量は違うのか。皆様カフェインに対する疑問も数多お持ちだと思います。

そんな方に少しでもコーヒーとカフェインの関係について知って頂けたらと思います。

 

コーヒーの種類とカフェイン

 

コーヒーの種類で多く流通されているのは、アラビカ種とロブスタ種です。アラビカ種の多くは、高品質なコーヒー豆である「スペシャルティコーヒー」として取引きされています。ロブスタ種は、害虫に強く缶コーヒーやインスタントコーヒーに多用されることが多いです。

アラビカ種のカフェイン含有率は約1%、ロブスタ種は約2%で、約2倍の違いがあります。

では、ロブスタ種が多く使用される缶コーヒーやインスタントコーヒーのカフェイン量を見てみましょう。

・インスタントコーヒー:57mg/100ml
・缶コーヒー:90~160mg/缶

この数値にはアラビカ種・ロブスタ種の明記はありませんでしたが、缶コーヒーは種類の多さからか、カフェイン量に大きな幅があります。

確実にカフェインが少ないコーヒーを選びたいという方は、デカフェ(カフェインレス)コーヒーを選択する方法がおすすめです。また、アラビカ種のローリナという品種は、他のアラビカ種に比べてカフェイン量が半分です。

 

浅煎りコーヒーと深煎りコーヒーでのカフェイン量の違い

 

カフェインは、焙煎が進むほど減少します。よって、浅煎りのコーヒーよりも深煎りの方がカフェイン量は少ないです。しかし深煎りになるほど、その体積は増加・重量は減少します。これはどういうことか、例を挙げてみましょう。

・計量スプーン(体積)を用いてコーヒー豆を測った場合

カフェイン量は浅煎り>深煎りとなります。

・スケール(重量)を用いた場合

深煎りは軽い分、多くの粒を必要とします。よって、カフェイン量は浅煎り≒深煎りに。

コーヒーの味が苦く濃くなるとカフェインが多い印象を持ってしまうかもしれませんが、実は焙煎度によってカフェイン量にそこまで差はありません。

 

カフェインが人体へもたらす影響

 

人体への影響では、血管を拡張し、血液循環量が増えることから、利尿作用や神経伝達物質が増加して、気分高揚、眠気消失、交感神経刺激による基礎代謝増進、胃酸分泌促進などの一方で、睡眠の質の低下や胃酸分泌過剰による胃への負担増など作用が知られています。

特に摂取の許容量は定められてはいませんが、刺激による心拍数の増加や興奮、不安、震えなどがみられるほか、妊娠中の女性はカフェイン摂取を控える方が良い事は良く知られているところです。

 

BONGENCOFFEE

SHIRAFUSHICOFFEEROASTERS

東京都中央区銀座2-16-3

03-6264-3988

support@ginza-bongen.jp

https://ginza-bongen.jp/

https://shirafushicoffee.jp

https://bongen-shirafushi-coffee.com

平日・土日祝日

10:00〜19:00

銀座駅 8分

東銀座駅 4分

築地駅 6分

カフェインレスコーヒー デカフェとは

カフェインレスコーヒー デカフェとは

美味しいコーヒーが飲みたくても、カフェインが気になるという方も多くいらっしゃるかと思います。妊婦さん、コーヒーを飲み過ぎて胃が痛いなど様々理由はあるかと思います。最近ではカフェインレスコーヒー、デカフェというコーヒーをよく見かけるようになりました。そして一昔まえではカフェインレスコーヒーといえば、渋かったり、酸っぱっかったりと良いイメージがなく、敬遠されがちでした。しかしながら、近年コーヒー豆からカフェインを抜く方法が進歩し、味も品質も一流となりました。そこで実際カフェインをどのようにして抜いているのか抜き方を見てみましょう。

 

デカフェとは

 

コーヒーや緑茶、コーラなどは本来カフェインが含まれています。カフェインの効果としては、やる気アップや眠気覚ましなどが知られていますが、利尿作用や胎児への影響、鉄分吸収阻害、頭痛などを引き起こす軽い依存症のようなマイナス面も多くあるため、特に妊娠中などは控える必要があります。
デカフェとは本来カフェインが入っている飲食物からカフェインを取り除いたり、製造の段階でカフェインを添加しないなど、意図的にカフェインを含まれないようにすることを言います。「カフェインレス」や「カフェインフリー」という名前を使うことも多く、カフェインレスコーヒーであれば、カフェインが入っていないコーヒーのことをいいます。

 

カフェインレスの工程

 

コーヒー豆にはもともとカフェインが含まれているため、そのまま焙煎して抽出すると、もちろん液の中には多くのカフェインが入ってしまいます。現在では生豆の状態でカフェインを抜くことができるため、カフェインの摂取を控えたい方や、妊娠中の方でも安心して飲むことができます。主なカフェインの除去方法は以下のようなものがあります。

水法

水を使ってコーヒーのカフェイン成分だけ抽出する方法です。コーヒー生豆を充填した槽に水を通し、抽出した水溶液を有機溶媒にてカフェインだけを取り除き、再び生豆の槽に循環させる仕組みです。有機溶媒が直接生豆に接触しないので比較的安全で、他の成分の流出も抑えられるといったメリットがあります。安価で効率的にカフェイン除去ができるため、現在では主流のデカフェ方法として広く使われています。

有機溶媒法

薬を使ってコーヒーのカフェイン成分を抽出する方法です。コーヒーの生豆を有機溶媒に浸すことでカフェイン成分を取り除くことができますが、ほかの成分も流出しやすいため、味や香りの面で落ちてしまうデメリットがあります。水法が開発されるまでは一般的にこの方法が使われており、安価にデカフェが可能なため、現在でも一部で行われているデカフェ方法です。ただし、残留有機溶媒が体に悪影響を及ぼす危険もあるため、有機溶媒でデカフェしたコーヒーは日本で販売できないことになっています。

二酸化炭素法

超臨界二酸化炭素抽出ともよばれており、最も新しいカフェイン抽出法でもあります。仕組みは少し難しいのですが、二酸化炭素に圧力と温度を加えると、気体と液体の両方の性質持った超臨界流体とよばれる状態になります。それをコーヒー生豆に通すことでカフェイン成分だけを取り除くことができ、薬などを使わないため最も安全なカフェイン除去法と言えます。しかし除去のコストが高いため、コーヒー豆の価格が高額になってしまうデメリットもあります。

カフェインレスコーヒー デカフェの味わい

前述でもお話したカフェインレスコーヒーと聞くと、どうも気が抜けたコーヒーのようなイメージをしてしまいがちですが、実はそうではありません。確かにカフェインを抜く工程で、カフェイン以外の成分もわずかながら流出してしまうので、まったく同じというわけにはいきませんが、最近では技術の進歩もあり、かなり味もよく通常のコーヒーと変わらないレベルの豆もあります。

カフェイン自体は苦みがあるため、デカフェされたコーヒーを飲むと、苦みが少なくさっぱりした味わいになります。カフェインレスコーヒーの豆の色を見ると、中煎りでも中深煎りくらいの色をしていることが多いのはそのためです。通常の焙煎度よりも一段階深くすると、お好みのに仕上がるくらいスッキリとしています。

このようにデカフェされたコーヒーはカフェインの量を気にせず飲むことができますので、コーヒーを多く飲む方や妊娠している方にも安心して楽しむことができます。

 

BONGENCOFFEE

SHIRAFUSHICOFFEEROASTERS

東京都中央区銀座2-16-3

03-6264-3988

support@ginza-bongen.jp

https://ginza-bongen.jp/

https://shirafushicoffee.jp

https://bongen-shirafushi-coffee.com

平日・土日祝日

10:00〜19:00

銀座駅 8分

東銀座駅 4分

築地駅 6分

美味しいコーヒーとは

美味しいコーヒーとは

美味しいコーヒーと言われても、コーヒーの美味しいとは何を指すのかイマイチ、ピンとこないと思う方も多くいるかと思います。

苦かったり、渋かったり、酸っぱかったり、ざっくりそんな感じだと思います。

私達が考える美味しいとは、コーヒーの果実感、ローストを雑味、渋みなく感じられる味わいだと考えています。

それらが除去されていれば、時間が立ち冷めても味自体はさほど変わらないのも美味しいコーヒーの特徴です。

そのためコーヒー豆の選定から焙煎まで、その雑味、渋みのないよう徹底しています。

 

奇抜な表現

 

近年スペシャリティーコーヒーの台東で味に「チョコレート」「オレンジ」「グレープフルーツ」などの表現を使用するコーヒー店が増えました。確かにコマーシャルコーヒーのようなグレードのコーヒーに比べると、こだわり抜いたスペシャルティーコーヒーにはそういった味わいを感じる事もできます。しかしながら、普段からコーヒーをたくさん飲んでいるコーヒー店の人間以外では、そういった味がわかりずらいという人も多いと思います。

 

甘み、苦味、酸味

 

味わいの基本としては、甘み、酸味、苦味の3種類です。まれにうま味、しお味という表現もせれますが、基本は3種類です。

苦味と酸味は、意識せずともコーヒーを飲んでいると普通に感じます。ただ甘みに関しては口にいれたときの味だけでは感じづらく、香りや余韻を意識するとふんわりと感じることができます。

 

結局のところコーヒーは好み

 

様々な味わいを織りなすコーヒーではございますが、結局のところは本来出てはいけない味わいが除去されていれば、あとは好みの問題だと考えています。

苦いのが好きな方には深煎りを、苦いのが苦手でフルーティーな味がお好きであれば浅煎り〜中煎りを選ぶことをおすすめ致します。

様々なコーヒーを試し、自分の好みのコーヒーを発見するとコーヒーを飲むことがより楽しく感じられるかと思います。

BONGENCOFFEE

SHIRAFUSHICOFFEEROASTERS

東京都中央区銀座2-16-3

03-6264-3988

support@ginza-bongen.jp

https://ginza-bongen.jp/

https://shirafushicoffee.jp

https://bongen-shirafushi-coffee.com

平日・土日祝日

10:00〜19:00

銀座駅 8分

東銀座駅 4分

築地駅 6分

コーヒー発祥の地エチオピアコーヒーの特徴 

コーヒー発祥の地エチオピアコーヒーの特徴

コーヒー好きの方にはコーヒーの中でも特にエチオピアのコーヒーが好きという方が多くいらっしゃるかと思います。芳醇な香り、スッキリとした味わい、甘みなどエチオピアコーヒーには人を魅了する多くの要因があります。そんなエチオピアのコーヒーがどのようなコーヒーなのか深堀りしていきましょう。

 

そもそもエチオピアとは?

 

アフリカの北東部に位置する内陸国。イタリア領となった1936年からの5年間を除いて植民地化されることなく、独立を保ってきました。干ばつによる農業生産の落ち込みや、エリトリアやソマリアからの難民に加え、南北スーダンの軍事衝突による避難民が大量にエチオピア国内に流入し続け、経済に打撃を与えています。そのような中でも政府は国家開発計画を策定し、近年では経済成長が続いていますが、一人当たりのGNIは790米ドルと最貧国の水準にとどまっており、慢性的に食料が不足しています。
コーヒー豆の生産地として知られているエチオピアでは、日本の茶道のように、コーヒーを入れて客をおもてなしする作法があります。英語では「コーヒーセレモニー」と呼ばれています。

 

コーヒーの実発見?

伝説は2種類

1つ目は、「コーヒーの実を山羊が食べて興奮しているのを見つけた山羊飼いが自分も食べてみたら精気がみなぎってくるのを感じ、近くの修道僧たちにすすめたところ、彼らは長年悩んでいた儀式中の睡魔から救われた」というものです。

2つ目は、「無実の罪で追放された回教徒が、小鳥がついばんでいる実を見つけ食べてみたところ、やはり活力が沸くのを感じ、やがてはその煮出し汁で病人を救った功績により罪を解かれた」というもの。

 

エチオピアコーヒーの生産地

 

シダモ(標高1,400〜2,200m)

エチオピア南部。最高品質のコーヒーを生産する一大生産地。
シダマという民族にちなんで名付けられた地名。
イルガチェフェを含む地域だが、一般的にイルガチェフェは別枠扱い。

近年はシダモのなかでも特にグジ地区が注目されている。
イルガチェフェ以上のポテンシャルを持つ豆が生産され、この国の主役級の扱いに。
柑橘系やベリー系のフルーティな風味が特徴。

イルガチェフェ(標高1,750〜2,200m)

世界的にブランド化した地域。シダモ地方のなかのひとつの地区(郡にあたる)。
農園ではなく、ウォッシングステーションまでしかトレーサビリティで辿れないが、その風味・個性は強烈。

柑橘類、ピーチ、リンゴ、アプリコット、アールグレイ、ベリー、ナッツなど、イルガチェフェの中でも、風味の違いは幅が広く、品質もピンキリ。

リム(標高1,400〜2,200m)

エチオピア西部。シダモ地方に比べると風味にパンチが無いが、高標高で生産されたものの中には、良い風味を持つものもある。
カカオやチョコレート系のフレーバー。

ジマ(標高1,400〜2,000m)

エチオピア南西部。生産量が多いが、他の地域に比べると注目はされていない。
品質が高くコスパも良いが、風味の面白さに欠ける。

レケンプティ(標高1,500〜2,100m)

エチオピア西部ウォレガ地方。独特の華やかな酸味を持つこちらの地方の豆は、「レケ」と呼ばれて古くからマタリと並んで親しまれてきた。
野生に近い状態で生産され、豆の品質にバラツキがある。

ハラール(標高1,500〜2,100m)

エチオピア東部、ハラリ州の州都。世界遺産都市「ハラール・ジュゴル」がある。
近郊のハラール高原で生産され、高い標高と火山灰土壌、豊富な日射量によって高品質なコーヒーの生産を可能にしている。

コーヒーはモカハラーと呼ばれ、長い形状のロングベリーで昔からエチオピアでは最高品質の豆とされてきた。
なかでも、大粒の豆のみを選別したボールドグレインが最高級グレード。

 

エチオピアコーヒーの特徴

 

エチオピア産のコーヒー豆である「シダモ」「イルガチェフェ」などには総じて同じ特徴が挙げられます。 それはやはり「甘み」と「フルーティーな香り」です。 コーヒーというと苦みと酸味で区別されることが多いですが、エチオピア産のコーヒー豆は爽やかな味と香りが特徴なのです。またそれらは時に「ワイン」や「スパイス」のようだとも例えられます。

 

エチオピアのコーヒーセレモニー

カリオモン

 

カリオモンとは、日本で例えると茶道のような習慣のこと。お客様をおもてなしする時に、女性が執り行うセレモニーです。カリオモンには「コーヒーを一緒に楽しむ仲間」という意味があり、ポットやカップなど、カリオモンで使う茶器は、代々受け継がれることもあるようです。

 

カリオモンの手順

 

お客様が来たら、まず家の主人がお客様の相手をします。奥様はその間にカリオモンの準備を。床に花を敷き、コーヒーカップを置く台座を用意して、お香を焚きます。

カリオモンの準備ができたら、生豆を洗い、お客様をおもてなしします。洗った生豆を鍋に入れ生豆を煎り、お客様に香りを楽しんでもらいます。しっかりと焙煎でき、コーヒーオイルが滲み出てきたら焙煎は完了です。焙煎を終えたら、コーヒー豆をすり潰します。

ポットに水と細かくすり潰したコーヒー粉を入れ、火にかけてコーヒーを抽出します。コーヒーが沸騰したら、お客様にコーヒーを3杯提供します。1杯目はアボルといい、砂糖をくわえて飲みます。2杯目のトーナには塩を、3杯目にはカルダモンやクローブなどの香辛料、バターなどをくわえます。お客様は3杯飲み終えた後、作ってくれた女性のこととコーヒーの味を褒めるのがカリオモンのマナーです。

カリオモンは大地や家族に感謝の気持ちを込めて行うコーヒーセレモニー。カリオモンは地域や家庭によって、やり方が違うこともあります。

 

BONGENCOFFEE

SHIRAFUSHICOFFEEROASTERS

東京都中央区銀座2-16-3

03-6264-3988

support@ginza-bongen.jp

https://ginza-bongen.jp/

https://shirafushicoffee.jp

https://bongen-shirafushi-coffee.com

平日・土日祝日

10:00〜19:00

銀座駅 8分

東銀座駅 4分

築地駅 6分

3 / 1312345...10...LAST »